大福茶 | 平缶入 かりがね3g×5袋、福梅・福昆布 各5ヶ平缶入 

商品コード: 0540103
大福茶 | 平缶入 かりがね3g×5袋、福梅・福昆布 各5ヶ平缶入 

(本体価格)800
(税込価格 864円)

関連カテゴリ:
商品一覧 茶種から選ぶ > かりがね
価格別 > 〜999円
商品一覧 茶種から選ぶ > ティーバッグ
目的・用途から選ぶ > 贈り物・ギフト好適品
目的・用途から選ぶ > プチサイズ缶
目的・用途から選ぶ > こだわり品
季節のおすすめ品

数量: カゴに入れる

正月のお茶大福茶

京都の故事にならい、元旦に新年の万福息災を祈念して福梅・福昆布を添えてお茶をいただくのが大福茶です。福寿園の大福茶は、やわらかな甘味のある かりがね(茎茶)を使用した縁起のよいお祝い用のお茶です。 新年の寿(ことほ)ぎにお役立てください。
Obukucha
Karigane(stems of Japanese tea) 3g×5bags Fuku Ume Fuku Konbu each 5pcs/can
Thanks to the following historical event, it is still popular for many Japanese people to drink Obukucha after adding some dried ume (Japanese apricot) and konbu (kelp) to a cup of Japanese tea to pray for peace and prosperity.

大福茶の故事 

今から1060年ほど前に京都で悪疫が流行した際に空也上人が庶民に茶を煎じてふるまい、悪疫が治ったといわれています。この茶が、当時の村上天皇にも献じられたため王服茶・皇服茶と呼ばれ、庶民に福を与えたところから後に大福茶の名が生まれました。
History about Obukucha About 1060 years ago, a great Buddhist priest Kuya is said to have cured many sick people in Kyoto by offering cups of Japanese tea to them.The tea was also offered to Emperor Murakami.So the tea has been called Obukucha (this means the tea drunk by the king or emperor).

茶108章/暮らしの中の茶の文化 大福茶について紹介されています。

寸法 Dimensions

寸法  商品寸法 直径7.5㎝×高さ4㎝
Container:7.5cm in diameter×4.0cm in height

賞味期限 Best before

賞味期限:製造日より270日 お茶は鮮度が大切です。お早めにお飲みください。Best before: Shown on the container (270days from the production date).Please use up the tea leaves as soon as possible after opening the package.