水出し冷茶 – れもん緑茶

渋味の少ないかぶせ茶に、国産レモンの果皮をブレンドしました。冷たい水でゆっくりいれると、マイルドな風味を引き出すことができます。かぶせ茶のまろやかな旨味と、レモンのさわやかな風味をお楽しみください。

「夏には、爽やかなフレーバーで、しっかりとしたお茶の味わいが楽しめる冷茶が飲みたいわ♪」という多くのご要望をいただいており、この夏、「冷茶 れもん緑茶 ティーパック」を新発売いたしました。

旨味と水色(すいしょく・お茶の抽出液の色合い)にこだわり、様々な茶種の中から、福寿園のブレンダーが厳選した「かぶせ茶」を使用し、ビタミンCたっぷりのレモンの果皮と合わせることで、見た目、味わい、香りともに楽しめるお茶に仕上げました。
茶の旨味が感じられつつも爽やかな味わいの「冷茶 れもん緑茶」で暑い夏をのりきりましょう。

そもそも「かぶせ茶」とは、玉露と煎茶の間のような味わいのお茶のこと。
「かぶせ茶」は、茶の摘採前7日前後に藁や寒冷紗などで覆った茶園から摘み採ったお茶です。「玉露」は、一番茶の新芽が伸び出した頃から茶園に20日前後覆いを掛けるのに対して、「煎茶」は覆わず自然光下で栽培します。

お茶の旨味成分のもととなるアミノ酸の一つでリラックス効果があるテアニンは、茶の根の部分でつくられていて、茶の木の成長にともない葉まで移動していき、日光にあたると渋味成分のカテキンに変わります。
そのため、日光に当たる期間を短くすればするほど旨味が残ったお茶になるという訳です。
「冷茶 れもん緑茶」は、レモンの果皮と合わせた時に、お茶の色がきれいに見え、おいしく感じられるよう、そんな玉露と煎茶の良いとこどりの「かぶせ茶」を使用しました。

水出し冷茶のおいしい入れ方

冷茶ポットなどにティーパック2袋を入れ、水500mlを注ぎ蓋をして軽く振ってから冷蔵庫に入れます。約1時間後、冷茶ポットを上下に振ってからティーパックを取り出してお飲みください。

緑茶を冷たい水で淹れると、緑茶に含まれる成分の中でも、自然免疫機能をアップさせる効果が報告されているエピガロカテキンや、社会心理的ストレスの影響を軽減させ、リラックス効果が報告されているテアニンの効果を十分に発揮させることができます。

またレモンの皮には、ビタミンC、β-カロテン、ギ酸、ペクチン、ヘスペリジンの抗酸化成分が豊富に含まれており、体の免疫力を高める効果があると言われています。
免疫力を高めて夏バテ夏風邪に負けない身体づくりのためや、家族の健康を考えて飲む飲み物としても「冷茶 れもん緑茶」は、おすすめです。

お湯でいれる場合(一人分)

急須にティーパック1袋を入れ、一度沸騰させて90℃にさましたお湯120mlを注ぎ、約2分おいて氷を入れたグラスに注いでください。

※熱湯の取り扱いには充分ご注意ください。

れもん緑茶を使ったアレンジレシピ

爽やかなれもん緑茶を使ったゴクゴク飲めるアレンジレシピを公開中!

レシピ名:れもん緑茶ソーダ

【材料】…… 分量は全てお好みでOK。
・冷茶れもん緑茶(水出しまたはお湯でいれてさましたもの)
・炭酸水(軟水がおすすめです)
・ガムシロップ
・あればスライスしたレモン、ミントの葉

1.グラスの半分くらいまで氷をいれます。
2.シロップをいれます。
3.濃い目に抽出したれもん緑茶を、グラスの1/3ほど入れ、
 軽く混ぜます。
4.上からそっと氷の上にあてるようにして、炭酸水を注ぎます。
5.お好みでレモン・ミントを添えて、出来上がりです。

レシピ名:オレンジセパレートティー
【材料】…… 分量は全てお好みでOK。
・冷茶れもん緑茶(水出しまたはお湯でいれてさましたもの)
・オレンジジュース(果汁100%がおすすめです)
・ガムシロップ
・あればスライスしたレモン、ミントの葉

1.グラスの半分くらいまで氷をいれます。
2.シロップをいれます。
3.オレンジジュースをグラスの1/2ほど入れ、軽く混ぜます。
4.上からそっと氷の上にあてるようにして、濃い目に抽出した
 れもん緑茶をやさしく注ぎます。
5.お好みでレモン・ミントを添えて、出来上がりです。

【POINT】どちらか片方のドリンクの糖度を高めると、綺麗な層のセパレートティーが作れます。