福寿園グループとSDGs

福寿園グループは、自然の恵みであるお茶づくりに携わる企業として、人生を潤し豊かにすることと自然環境を守り育むことが共存し、持続していく社会をめざします。

環境に配慮した商品、メニュー対応

1, ティーバッグの素材に植物由来の「生分解性フィルター」使用

トウモロコシを原料にしており、土中で微生物により水と二酸化炭素に分解されるので、
環境にやさしい仕上がりになっております。

使用している商品例
・宇治新茶、さくら緑茶など

2, 森林を守る紙 FSC®認証紙に順次、切り替え中 

福寿園グループは、製品に使用している包材などを順次、FSC®認証紙へと切り替えています。
FSC®とは、国際的な非政府組織が運営する、責任ある管理された森林と、限りある森林資源を将来にわたって使い続けられるように適切に調達された林産物に対する国際森林認証制度です。また、適切に管理された木材とその製品を確実に消費者に届けることで、森林資源の保全を消費者が支える仕組みをつくっています。

3, マイ茶缶利用による量り売り販売 

京都駅ポルタ店では、専用の茶缶を購入いただき、お持ちいただくと店頭のディスペンサーにて必要な分だけ茶葉をお買い上げいただけます(10g単位)。袋入りのお茶を茶筒に移し替える手間がかからず、空き袋等のごみ削減にもなります。

4, 茶の製造工程で除去された茶葉を活用した釉薬でマグカップ作成 

お茶を製造する過程で、大きすぎたり細かすぎたりして、どうしても使えない部分の茶葉が出てきてしまいます。本来なら除去されるその茶葉を、どうにかして美しく蘇らせたい、という想いから生まれたのが、「お茶の葉マグカップ」です。
茶葉の灰を釉薬に使い、試行錯誤を重ねることで、本来の茶葉からは想像できないような、やわらかくあたたかな色合いに仕上がりました。
応援購入プロジェクトサイト「Makuake」にて出品し、目標金額を達成しました。

5, マイボトル「ポケトル」の活用 

「ごみを生まないためのマイボトル」を持ち歩く文化を、さらに世の中に推奨してまいります。

6, 飲食店舗の脱プラスチック対応 

弊社飲食店においては、紙製ストローや洗浄再利用のカトラリーの活用により、脱プラスチック、脱使い捨てに取り組んでいます。

循環社会への貢献

CHA遊学パーク内の落ち葉や刈草、品質検査等で使用したお茶を
茶園のマルチングとして活用

CHA遊学パークでは施設内の落ち葉や刈草、品質検査等で使用したお茶は廃棄せず、茶園内に敷くことでマルチングとして転用しております。

このようにすると茶園の雑草抑制、地表の保温効果などがあり茶樹の生育にとってプラスとなります。自然分解後は有機堆肥となり茶樹の養分としても活用されます。また、刈り草などのマルチングはてんとう虫に代表される益虫の住みかともなり、茶樹の病害虫を防いでくれる効果もあると言われております。

地域社会への貢献

1, 小学校体育支援サービス「カラチャレドリル」の制作協賛

福寿園グループ・宇治の露製茶㈱は、「体育、学校スポーツ」を通じ、「自己肯定感」の高い子どもたちを育むことを目指すカラチャレ製作委員会に賛同し、教材の「カラチャレドリル2022年度版」の制作に協賛いたしました。
お茶の歴史や効能にも触れた、宇治の露のオリジナリティを織り込んだ教材で、京都府下の小学校1、2年生を対象に無償提供されています。
今回の教材では、「動」と「静」の動きを取り入れました。お茶の作法同様、両方のバランスを大切にすることで、心と体が落ち着き、お子様の心身の成長にお役立て出来れば幸いです。

2, 動画によるお茶教育を小学校にて実施

弊社協力のもと同志社小学校様にて「おいしいお茶の淹れかた」教育を実施されました。福寿園京都本店の日本茶インストラクターによる動画にて、お茶をおいしく淹れる4つのポイントなどを学んだ後、児童たちに実際にお茶を淹れていただきました。「味の違いや“ぽたぽたっ”と、最後の一滴まで注ぎ切ることが大切だと知った。」「親においしいお茶を淹れてあげたい。」など、日本茶文化の一端を学んでいただく機会となりました。

3, 緑茶ティーバッグ、ペットボトルの寄贈

お茶を飲むことで、健康的な毎日を過ごしていただきたいと願い、提供させていただきました。