現在のかごの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
海外発送

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
キーワードを入力

カテゴリー Category

商品コード:
0580221

茶の木 抹茶入りかりがね玄米茶 250g袋 ×2袋

税込価格 
3,240
関連カテゴリ:
茶種から選ぶ > 玄米茶
茶種から選ぶ > かりがね
価格で選ぶ > 1,000円〜1,999円
贈り物
シリーズ・ブランド別 > 京都 福寿園 茶の木
数量:
カゴに入れる 海外発送

茶の木 抹茶入りかりがね玄米茶

緑茶を精選する際に出る茎茶(かりがね)に、熱風で焙煎した香ばしい炒り米と、緑鮮やかな宇治抹茶を合わせました。緑茶の茎は、根に蓄えられた旨味成分を茶の葉に運ぶ働きがあり、火入れすることでまろやかな甘味のあるお茶になります。
CHA-no-KI Matcha blend Karigane Genmaicha
This product is made of the stems of green tea. They have been collected during the green tea production process. Then, they are mixed with the roasted rice and the stone milled Uji Matcha (premium powdered Japanese tea from Uji, Kyoto).
The stems of green tea has tasty components because they convey nutrients to leaves. By roasting it, the tea becomes milder and sweeter.

淹れ方

あらかじめ温めた急須に茶葉を入れ、蓋をして約10秒おいてから熱湯を注ぐと香ばしさがより引き立ちます。1煎目で抹茶はほとんどでてしまいます。2煎目は、熱湯130mlで約30秒おいてください。玄米茶の香味をお楽しみいただけます。水出し茶でお楽しみいただく場合は、茶葉10gと水500mlで約20分おいてください。渋みの少ないまろやかな味わいのお茶になります。
Place the tealeaves into the pre-heated teapot and wait for about 10 seconds. Then pour hot water into the pot. You’ll get more flavor from the tea. Most of the Matcha powder will be dissolved in the first serving. For the second serving, use 130ml of hot water and steep it for 30 seconds.
You can enjoy the taste of Genmaicha.
To make cold tea, use 10g of tealeaves per 500ml of water and leave it for about 20 min.You’ll find a less bitter, mellow taste!
お好みのグラスに注いでください。

ご発送について

商品写真の箱に2袋お詰め合わせしておとどけします。熨斗(のし)の対応も可能です。
商品寸法
縦16.5cm×横23cm×高さ 11.5㎝
W 16.5cm × D 23cm × H 11.5㎝賞味期限
製造日より240日
お茶は鮮度が大切です。開封後はお早めにお召し上がりください。Best before: Shown on the container (240days from the production date)
Please use up the tea leaves as soon as possible after opening the package.
PRODUCT OF JAPAN栄養成分表示1杯(4g)あたり茶葉 Nutrition facts (Per 4g)
熱量 Energy   たんぱく質 Protein脂質 Total fat炭水化物 Carbohydrate食塩相当量 Salt equivalents
14kcal0.5g0.1g2.8g0g
この表示値は目安です。Nutrition facts are based on consumption of whole ingredients, not when brewd.
熨斗(のし)ご体裁

熨斗(のし)ご体裁

満中陰志での包装例です。ご希望に合わせて対応いたします。

Share this page