新年の福を呼び込む元旦の朝茶

「朝茶は福が増す」ということわざがあります。

起床とともに、心を落ち着けてお茶を淹れ、じっくり味わうと、頭のなかもからりと晴れ、素敵な一日の始まりを感じられます。朝茶の習慣は幸運を招き、あらゆる災難から身を守る生活の知恵として、古くから伝えられてきました。
新しい一年の始まり、お正月の朝をお茶を飲んで迎えませんか?
そして朝茶習慣を始めてみてはいかがでしょうか?

迎春におすすめのお茶

obukucha

大福茶

京都の故事にならい、元旦に新年の万福息災を祈念して福梅・福昆布を添えてお茶をいただくのが大福茶です。
福寿園の大福茶は、やわらかな甘味のある“かりがね”(茎茶)を使用した縁起の良いお祝い用のお茶です。新年の寿ぎに、お役立てください。

大福茶の起源は天暦5年(西暦951年)に遡ります。
当時、京の都では疫病が流行し、村上天皇は疫病退散の祈祷を、六波羅蜜寺の
醍醐天皇第二皇子光勝空也上人に命じました。
空也上人は、自ら彫った十一面観音像を台車に安置して京の町を曳きまわり、
八葉の蓮片に割った青竹で茶をたて、中に小梅干と結昆布を入れ仏前に献じました。
そして、その茶をまず天皇に服していただき、続いて病者にも振る舞い、
念仏を唱えられたところ、悪疫が鎮まったといわれています。
これに因み、正月に一年の無病息災を祈願して皇が服する茶「皇服茶」が始まり、
後に庶民に拡がり、「大福茶」として近畿一円に定着したといわれています。

福寿園の大福茶は“かりがね”のお茶です。

大福茶は近年では、先述の故事にこだわらず、玄米茶であったり柳茶であったりと茶業者によって多様な形で取り扱われるようになっています。
福寿園では、故事に因んだ干梅と昆布を、かりがね(茎茶)に合わせて大福茶としています。
かりがねは、お茶の製造過程で選別した茎や葉柄の部分を集めたお茶で、かりがねの名は、その形状が、渡り鳥の雁が海を渡る際、海上で休息をとるためにとまる小枝に似ていることに由来するとも言われています。
また「共白髪」に因んで、茎の白さから夫婦共に白髪になるまで仲良く、長生きできるようにとの願いも込めています。

茎部に含まれる成分は、葉部に対して、苦渋味となるカテキンやカフェインは約半分量、旨味となるアミノ酸は約2倍量といわれており、渋味が少ないながらも旨味のあるかりがねの味わいは、干梅と昆布の味わいにも馴染みやすく、おいしく召し上がっていただけます。
また、ティーバッグにお詰めしているので、茶殻の処理も簡単です。

大福茶 袋入 ¥1,080(税込)
(かりがね3gティーバッグ×10袋、
福梅・福昆布 各5ヶ×2袋)
大福茶 平缶入 ¥864(税込)
(かりがね3gティーバッグ×5袋、
福梅・福昆布 各5ヶ入)

冬のスペシャル体験

京都本店地下一階「京の茶蔵」 オリジナルの大福茶で新年を寿ぐ体験講座(お土産付)

新年の始まりを大福茶で祝いませんか?
オリジナルブレンド茶を作って、福梅、福昆布を添えてお召し上がりいただきます。
「大福茶」の由来についてもレクチャーいたしますので、京都ならではの体験が楽しめます。

eto

干支煎茶「寅(とら)」

「寅」の文字は、両手で矢をまっすぐ伸ばすイメージからつくられたという説があります。矢が「希望」という的に届くよう願いを込めてお作りした、縁起の良い干支煎茶をお届けいたします。どうか今年も心豊かな佳き日々をお過ごしください。

上質な一番茶だけを使用した煎茶です。

春先に芽吹いた一番茶だけを使用していますので、まったりとした旨味とさわやかな渋味の調和が楽しめる、宇治茶ならではの上品な味わいのお茶です。新年を気持ちよく明るく迎えることができるおすすめのお茶です。

干支煎茶 寅
50g袋入
¥2,160(税込)
干支煎茶  寅 ティーバッグ 2g×8袋入 
¥1,080(税込)
干支煎茶 寅  ティーバッグ 2g×5袋平缶入 
¥810(税込)

 

ギフトセット

<FO-500R>
かりがね 3g×10袋 福梅・福昆布 各10ヶ紙缶入 干支煎茶 寅 ティーバッグ 2g×10袋紙缶入 かりがね銘茶 福柱 70g紙缶入
¥5,400(税込)
<FO-300R>
かりがね 3g×10袋 福梅・福昆布 各10ヶ紙缶入 干支煎茶 寅 ティーバッグ 2g×10袋紙缶入
¥3,240(税込)

<ギフト限定>かりがね銘茶 福柱

 

『茶柱が立つと縁起が良い』という言い伝えがあります。
これは大国主命(おおくにぬしのみこと)が宮殿を建てる際に立派な宮柱を立てたという故事から、その縁起にあやかったという説が有力です。かりがね銘茶「福柱」は、茶園に覆いをして丁寧に育てた玉露の茎を柱に見立てた、お祝いの席に慶ばれる逸品です。

matcha

抹茶

金箔入り抹茶「錦彩(きんさい)」

華やかな金箔を、代々伝わる技で丹精込めて挽き上げた宇治抹茶にブレンドしました。新春のお慶びにふさわしい、優雅なひとときをお過ごしください。

抹茶 錦彩 15g缶入 ¥2,160(税込)

令和四年 御題抹茶「窓(まど)」

鎌倉時代から続くともいわれる年始の恒例行事「歌会始め」。令和四年の御題「窓(まど)」に因んだ抹茶です。茶室にみる陰翳礼讃(いんえいらいさん)をイメージしました。
初釜、新春のお祝いにご利用ください。

※陰翳礼讃…陰翳(陰影)を利用し作り上げられた日本の伝統美について論じたもの

御題抹茶 窓 20g缶入 ¥1,620(税込)

福寿園オンラインショップでは、こだわりの宇治茶を多数ご用意しています。
ぜひ、毎日のお茶をオンラインショップでお求めください。

福寿園オンラインショップ

※写真はイメージです。