煎茶八十八(せんちゃはちじゅうはち)ティーバッグ2g×10袋入

商品コード: 0526300
煎茶八十八(せんちゃはちじゅうはち)ティーバッグ2g×10袋入

(本体価格)850
(税込価格 918円)

関連カテゴリ:
季節のおすすめ品
価格別 > 1,000円〜1,999円
目的・用途から選ぶ > 旅行
シリーズ別 > ティーバッグ
商品一覧 茶種から選ぶ > ティーバッグ

数量: カゴに入れる

八十八

香り立つ旬の味わい、新緑の息吹。
八十八夜は立春から数えて八十八日目。
銘茶「八十八」はちょうどこの頃に茶摘みし製造した、
香味の優れた煎茶です。
お手軽なティーバッグタイプです。

季節を楽しむ

春風若葉に香る季節、今年は5/1に八十八夜を迎えます。八十八夜とは、立春から数えて88日目のことで農業節の一つです。茶業界では、この日を緑茶の日としています。「八十八夜の別れ霜」、「八十八夜の泣き霜」といわれるように、遅霜が発生する時期で、農作物に影響を与えることが大きく、農家に対して特に注意を喚起するためにこの雑節が作られました。ちょうど新茶の収穫期でもあります。おいしいお茶を育てていただいている農家の方々にも感謝したい日です。

Hachi-ju-Hachi

Aroma of lush Spring from deep green tea leaves.HachiJu-Hachi means the 88th night from the start of Risshun,is the first day of spring.This is the time when we can pick the best tea of the year.
May is the season for Shincha that is the first Japanese tea of the year.This tea is available only this time of the year.There is a saying "You'll be healthy for the year if you drink Japanese tea harvested around Hachiju-hachi ya". If you brew the tea in hot water quickly,you'll get the refreshing flavor and moderate astringency of the tea.

新茶八十八

新茶「八十八」は、「煎茶特有の旨みと渋みの濃厚な味わいのお茶」です。お茶の木は新しい芽を出すために冬の間に栄養を貯めています。新茶には、その貯えられた栄養がたくさん含まれています。そのため、アミノ酸が多く旨みが強くなります。しかしながら、新芽が大きくなるにつれてこれらの栄養は新芽全体にいきわたったり使われたたりして薄くなります。そのため、葉が大きくなると旨みが減ります。また、ポリフェノールやカフェインも芽が伸び始めた時期に最もたくさん作られます。こられも大きくなるにつれ作る量が減り、新芽が伸び始めた頃に最も大きくなります。つまり、新芽が伸び始めた頃が、最もアミノ酸だけでなく、ポリフェノールやカフェインも多くなります。「八十八」は立春から八十八日頃、新芽が伸び始めた時に摘まれたお茶です。よく見て頂ければ本当に小さい新芽が摘まれていることがわかります。このように「八十八」にはお茶の栄養と健康成分がぎゅっと凝縮されているので、旨みと渋みが濃厚なお茶になります。旬の味を是非、お楽しみください。

お茶の成長による品質変化
摘み取り時期ポリフェノールアミノ酸 カフェイン 
初期17.253.342.95
中期15.452.642.51
後期13.21.52.45
※一番茶の中でも、芽吹いてすぐに摘み採ったものを初期と表しています。
商品寸法
縦19.5cm×横12cm

賞味期限:製造日より270日
お茶は鮮度が大切です。開封後はお早めにお召し上がりください。