茶と健康・茶の成分 Tea Health – 健康にとって理想的ともいえるCHA。現代人にふさわしいヘルシー飲料

17世紀ヨーロッパで「万能薬」と珍重された、東洋の神秘的飲料「茶」の薬効

英国で最初に茶を売った店として有名なギャラウェイハウスには、茶の効用を記したポスターが掲げられていました。それによると、茶の適応症は精力増進、頭痛、不眠、胆石、倦怠、胃弱、食欲不振、健忘症、壊血病、肺炎、下痢、風邪などの14の症状で、いわば“万能薬”。しかもその効能は、東洋人や東洋への宣教師、ヨーロッパの著名な医師のお墨付であると評判でした。

当時の英国にとって、中国や日本はすぐれた文化を持った神秘的な先進国であり、茶はその文化の象徴でもあったのです。

科学技術の進展により解明された茶の保健性成分

茶にはカテキン(ポリフェノールともいう)、カフェイン、テアニン(茶にしか含まれないアミノ酸)、ビタミンC・A・B群・E、ミネラル類などの成分が含まれており、これら成分は健康にとって有用であることが解明されてきました。このことは、かっての英国ギャラウエイハウスの宣伝や、日本の喫茶養生記に記された内容の裏付けともいえます。

茶はノンカロリーアルカリ飲料の代表で、現代人にこそ飲んでいただきたいヘルシーな飲み物です。

こんなにヘルシー。茶の成分の主な効用

カテキン

茶の主成分であるカテキンは、強力な抗酸化作用を持ち、私たちの体内で過剰に生成した活性酸素を分解してくれます。 過剰の活性酸素は、正常な細胞のDNAを攻撃してガンの原因になったり、コレステロールなどの脂質を酸化して動脈硬化を起こし、脳血管疾患や心疾患を引き起こしたりします。 カテキンの発ガン抑制・老化防止効果はこの抗酸化作用によるものです。 また血中コレステロールの増加を抑制し、血圧や血糖の上昇を防ぎます。 1日10杯以上の緑茶飲用でガンの発生年齢を遅らせ、発ガン危険度がほぼ半減したという報告があります。 次に、各種食中毒菌に対する抗菌効果も驚異的で、普通に飲む濃さのお茶で食中毒の予防ができます。 虫歯菌に対しても同様です。 インフルエンザウイルスの感染防止効果もあり、お茶は市販のうがい薬より強力です。 一方、腸内細菌では、ビフィズス菌などの善玉菌に対して抗菌力がないので、整腸作用が期待されます。 この他、抗アレルギー作用、消臭作用なども注目されます。

<おすすめの福寿園商品>
煎茶銀閣煎茶200g

カフェイン

茶が修行僧に愛用されていた理由のひとつに、眠気を払い、頭をすっきりさせる効果があることです。 これはカフェインの効果で、中枢神経を興奮させ、脳に刺激を与える働きがあります。

<おすすめの福寿園商品>
煎茶八十八

テアニン

テアニンはお茶に含まれるアミノ酸の中では最も多く含まれ、ほんのりとした旨味があります。体内に入ると腸管から吸収され、脳に取り込まれると考えられています。
茶葉の中にあるテアニンは日光によって、渋味成分のカテキンをつくる原料として消費されますので、日光を遮って栽培する抹茶や玉露、蓄積する期間が長い一番茶も二番茶、三番茶に比べ多く残っています。また、茶の木の根でつくられるテアニンは、茎を通って葉に運ばれることから、茎茶(かりがね)にも多く含まれます。
ヒトにテアニンを摂取させ、脳波を測定しますと、後頭部、頭頂部にα波が長く、そして高い頻度で観察されます。α波とはリラックスしているときに見られる脳波で、テアニンにリラックス効果があることがわかります。また、カフェインの興奮作用を抑えることも知られています。
ヒトは精神的ストレスを感じると、神経伝達物質が増えて血圧が上がります。脳に取り込まれたテアニンは神経伝達物質を減らし、血圧を下げることで、ストレスを減らす効果があります。さらに、神経の細胞を守ることで認知症を予防する効果があることが報告されています。

<おすすめの福寿園商品>
玉露金雲玉露天雲玉露金閣煎茶明恵かりがね200g

ビタミン類

緑茶には多くのビタミン類が含まれていますが、中でもビタミンCは豊富です。 カテキン同様の抗酸化作用を示します。 抗ガン作用や動脈硬化防止効果のほか、美容にもよいといわれます。 抗ガン作用はビタミンEやビタミンA(β-カロテン)も示します。 ビタミンCは水溶性ですが、ビタミンA、Eは水に不溶です。抹茶として飲むか、茶葉を調理に取り入れて食べる工夫が必要です。

ミネラル類

カリウムとリンが主体ですが、マンガン、亜鉛、フッ素、銅、セレンなどの微量必須元素も含まれています。 亜鉛は味覚異常防止作用、フッ素は虫歯予防作用、セレンは抗酸化・ガン予防作用があります。 マンガン・銅・亜鉛は、活性酸素を無毒化するSOD酵素の構成成分です。

ポリサッカライド

血糖上昇抑制作用

サポニン

去痰、抗菌作用

※奈良県立医科大学様(微生物感染症学講座 矢野寿一教授)は、お茶による新型コロナウ イルスの不活化を確認し、お茶の種類や製品により不活化能が異なることを実 験的に明らかにされました。(令和 2 年 11 月 25 日 )